葬儀で利用する火葬場の選び方の紹介

PR | 介護の車椅子で注意すること
お葬式を行う際に最初に考慮しなければならないのが葬儀を行う日程です。告別式の終了後に火葬を行う必要があり、お葬式の日程は火葬場の予約状況によって決める事になるのです。
火葬場は付近住民の反対などにより、需要が増えても施設を増やすことができません。急激に人口が増加した東京都内では慢性的に火葬場が不足しています。火葬場の予約が取れない故に、葬儀の日程を1週間~10日以上も待たなければならない場合があります。お葬式を行うまでの間、遺体は葬儀社などの安置所で保管してもらいます。安置所を利用する場合、公営であれば1日数千円、民営であれば1日1万円~3万円もの費用がかかります。
早く葬儀を済ませたい場合や安置所の費用が高い場合には、近隣の自治体が運営する火葬場を利用することもできます。施設を運営する自治体の住民以外の人が利用すると火葬料が割高になりますが、それでも1万円~4万円程度の差です。霊柩車は10kmごとに1万円前後加算されるので、一時間(40km)余分に移動しても4万円程度の差です。このため、遠方の火葬場を利用して早く葬儀を済ませても、費用の総額がほとんど変わらない場合があるのです。

東京都内でお葬式を挙げる場合、どのようにして情報を収集するかというと、やはりインターネットで検索すことでしょう。
しかし「葬式 東京」と検索してみるとわかりますが、莫大な情報が飛び込んできます。なにをみて何を信用するべきなのかより迷ってしまうことになります。
 さらに、巧妙なホームページもありますので要注意です。たとえば、都内最大級の「町屋斎場」と検索すると、やはり数多くの情報が飛び込んできます。特に上位に出てくるホームページには、町屋斎場の公式ホームページの雰囲気を漂わせながら最終的にはとある葬儀社のホームページでそのまま申し込みを誘導させられそうな仕組みのホームページもあるので要注意です。
 やはり葬儀社選択には自分の足、目を駆使して捜すのがベストな方法です。まずは近所の葬儀社に足を運びセミナーや事前相談会に出席してみましょう。そこで最近の葬式の傾向を知り、逆にこちら側の予算や規模、また斎場別の見積を出させて確認してみましょう。これを数社やってみるとより希望に合った葬儀社に出会えるでしょう。

初値予想 / 童話 / 心の童話 / オーディオ / 女性の人生 / ショッピングカート / 内職 アルバイト / 健康マニアによる無病ライフ / 女性向けエステ.com / 家計見直しクラブ / GetMoney / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / クレジットカードの即日発行じゃけん/